「品川出張マッサージ」を経験する

「品川出張マッサージ」と聞くと「まぁ、なんてセレブなの?」と思う人もいるようですが、要は考えようだと思うのです。ただ単に時間を持て余していて「マッサージでもしてもらおうかしら?」という考え方の人にとってはそれはセレブ感覚なのでしょうが、おそらく出張マッサージ経験者の大半がこのようなタイプではないでしょう。出張マッサージ経験者がなぜ店舗に出向いてマッサージをしてもらわないか、という理由を考えてみると、何よりも自宅のほうが人目も気にならず、安心してリラックスできるからではないでしょうか。それ以外にも、お金は高くついても時間が節約できる、という部分にそれ以上の魅力を感じる人も多いことでしょう。

私は、もう彼此10年以上の年月で出張マッサージをしてもらっています。これほど長期間、出張マッサージにはまってしまうと、もう下手にマッサージの店舗に足を踏み入れるという行為さえできなくなるんですよね。どんな施術師さんが担当になるのかがわからないのが不安で仕方ありません。それよりは、出張マッサージで指名して事前予約し、自宅でゆったりと過ごしていたほうがどれだけ気分の落ち着くことか、と思うのです。

ただ、出張マッサージは安くはないので、”金銭的負担以上に得られるものが大きい”という意識をしっかりもっておくべきだとは思います。そうでないと、余計に肩こりや腰痛が悪化してしまう可能性がありそうですものね。

品川の歴史を知る美味しい名物

オフィス街や大型施設が建ち並ぶ品川ですが、ここで名物の味を堪能するというのはいかがでしょう。品川縣ビールというものをご存じでしょうか。明治2年から4年まで、品川には県営麦酒製造所がありました。当時の品川県知事である古賀一平が窮民救済のために建設したもので、日本で初めてのビール工場では?とも囁かれています。ですが、残念ながら当時の資料はなく、どんなビールだったかはわからないのです。
ですが、どうしてもその幻のビールを復活させようと地元の商店街の人達が協力して作ったものです。明治42年(1909年)にどぶろくから発見された日本最古の酵母「サッカロマイセス・エド」を使用して、 じっくり時間をかけて造られた品川縣ビールは、ほのかな甘味を感じさせてくれて、喉ごしもスッキリ爽やかです。
品川を訪れた際には、どこか昔なつかしい感じがする品川縣ビールを堪能してはいかがでしょうか。品川の歴史を香りと味の両方で楽しむのもいいものです。